長崎地本ニュース No.3(長崎地方本部)
更新日:2019年11月2日|#
 
長崎地本ニュース No.2(長崎地方本部)
更新日:2019年10月2日|#
 
長崎地本ニュース No.1(長崎地方本部)
更新日:2019年8月28日|#
 
長崎地本ニュースNo10(長崎地方本部)
更新日:2019年7月18日|#
 
長崎地本ニュースNo9(長崎地方本部)
更新日:2019年7月18日|#
 

長崎地方本部は7月6日、長崎市「交通会館」において、2019ニューメンバーズセミナーを開催しました。

 はじめに、長崎地方本部を代表して久木﨑執行委員長より、「セミナーを通じて労働組合の事を学んでいただき、組合行事には積極的に参加して仲間を増やして欲しい」「働く上での問題点や改善要望などは、遠慮なく声を出して欲しい」と挨拶がありました。

 中央本部を代表して出席した中原中央執行委員長からは、加入に対するお礼のあいさつを受けたほか、加入後の3つの安心として「相談できる仲間ができる」「会社と対等な立場で交渉できる」「共済など少ない掛金で大きな保障がある」との説明を受けました。

 その後、長崎地方本部の執行委員及び職員を紹介し、豊増執行委員よりJR九州労組の概要と主な活動、選挙についての説明がありました。

 続いて、青年・女性委員会から常任委員紹介のあと梅津青年・女性委員長より主な活動について説明がありました。

 更に、ニューメンバーが所属する分会の代表による挨拶として、各分会の組織数、分会構成、活動内容について説明がありました。

 世代交代が進んでいますが、長崎地本はニューメンバーと共に組合活動の更なる活性化に向け取り組んでいきます。

 

ニューメンバーと共に更なる活性化を目指そう!
更新日:2019年7月8日|#
 
長崎地本ニュースNo8(長崎地方本部)
更新日:2019年6月7日|#
 
長崎地本ニュースNo7(長崎地方本部)
更新日:2019年5月22日|#
 

 長崎地方本部は5月12日、諫早市「Aコープレストラン会議室」において、管理職組合員意見交換会を開催し、11人の管理職組合員(M級在職者)をはじめ、地本役員や分会役員など多数の組合員が参加した。

 主催者を代表してあいさつした久木﨑執行委員長は「会社と組合員の間にいるM級組合員の生の声を聞かせていただき、今後の運動に反映するとともに、JR九州労組の取り組みや成果を理解していただきたい」と、本会の趣旨を説明した。

 中央本部から参加した田頭中央執行副委員長からは「JR九州労組の現状やこれまでの待遇改善、組織強化・拡大の取り組み」など、最近の情勢について報告を受けた。

 続いて、関山執行副委員長からは、「中期労働政策ビジョンチャレンジ2018の到達状況の確認」として、具体的な目標への到達状況、期中に得られた成果、職場の働き方改善の取り組みについて説明を受けた。

 意見交換では、参加者から「都市手当に対する今後の考え」「遠距離職場への特急列車通勤の配慮」「結婚後も一定期間は寮に居住できる制度の整備」「引っ越し混雑を避けるための転勤時期(3月)の変更」「転勤に伴う発令時期の前倒し(1カ月前など)」「時間単位の休日の設定」などの意見が訴えられた。

 長崎地方本部は、いただいた意見をしっかりと受け止め、今後の活動に盛り込むとともに、中央本部とも連携して課題解決に向けて奮闘することとする。

管理職(M級)組合員の意見交換会を開催
更新日:2019年5月14日|#
 

 長崎地方本部は4月13日、長崎市「東横イン長崎駅前」にて2018年度地本・分会役員セミナーを開催しました。

 セミナーの冒頭、久木﨑委員長は「組合員の労働条件向上を目指して会社と交渉するためには勉強が必要です。今回のセミナーを通してしっかり学び、将来を担う人材になって欲しい」と挨拶しました。

 中原中央執行委員長からは「2019春闘の成果と課題」と題した講義を受けました。2019春闘を取り巻く情勢、妥結内容の説明、今後の取り組み課題等について詳しく説明を受けました。また、7月より一部の職場で導入されるフレックスタイム制に関する質疑がありましたが、詳細については、今後整理していく必要があることを理解しました。

 グループ討議では「分会の活性化に向けた取り組み」をテーマに3つのグループに分けて意見交換をしました。

 分会役員からは「活動に参加している組合員が限られている」「遠方から通勤している方は活動に参加しにくい」等、さまざまな意見がありました。また、長崎地方本部としては、「小さな事でも相談しよう」「組合活動のメリットをうまく伝えよう」「コミュニケーションや声掛けをしっかり行い、情報共有して楽しんで活動する事に心がけよう」など、分会からの意見に応えました。さらに、「短くて分かりやすい機関紙を作成する」「本部・地本に声を届けるために、分会もきちんと声を出す」など、自分たちが行うべき今後の取り組みをまとめました。

 長崎地方本部は若い役員が多く、経験が浅いメンバーも多いですが、今回のセミナーを通して新たに得た知識と、新たに増えた仲間と協力して、今後の活動に取り組んでいきます。

将来を担う人材を目指して役員セミナーに取り組む
更新日:2019年4月15日|#
 
get_adobe_reader PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」(無料)をインストールしてください。