ニュース
“新たな人生にめぐり逢う、旅”はじまる

 日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」が10月15日、運行を開始しました。一番列車の発車に先立ち、博多駅6番乗り場において、「『ななつ星in九州』出発式が開催され、記念すべき一番列車の旅立ちを祝いしました。 「な…[続きを読む]

更新日:2013年10月15日

早期復旧を果たした皆さんに感謝と激励

JR連合は、9月25日「豊肥本線復旧事務所」を訪れ、豊肥本線の全線復旧に昼夜を分かたず復旧作業に当たった組合員の激励を行うとともに、復旧された現地を視察した。当日は、JR連合から松岡会長、尾形政策部長、吉田教育広報部長、…[続きを読む]

更新日:2013年9月25日

組合が見える分会活動の活性化を目指す

福岡地方本部は、第20回定期大会以降(2011年)検討してきた組織機構の見直しについて、9月21日ステーションホテル小倉において6つの常任幹事会(呼称:支部)の結成式を開催した。 結成式の冒頭あいさつに立った、岩永康志福…[続きを読む]

更新日:2013年9月21日

2013年度運動方針、新役員体制を確認

JR連合九州地方協議会(以下、九州地協)は、9月21日福岡市「TKPガーデンシティホテル博多アネックス」において、「新たな飛躍に向け、政策制度、組織課題を解決し、安全で信頼されるJRを築こう!」のメインスローガンの下、第…[続きを読む]

更新日:2013年9月21日

当面の諸課題について意志統一図る

8月30日、第22回定期大会以降はじめての拡大地本代表者会を開催した。 冒頭、中央執行委員会を代表し、許斐委員長が情勢報告を含めあいさつを行った。 あいさつでは「各地方本部も定期大会を終了し、役員人事では本部・地本とも、…[続きを読む]

更新日:2013年8月30日

委員長に許斐元文氏、書記長に中原博徳氏を選出

JR九州労組は7月10・11日の両日、佐世保市「ホテルオークラJRハウステンボス」で、結成20周年の節目となる第 22回定期大会を開き、「安全最優先の風土づくり」「組織の強化・拡大」「産業・労働政策の実現」「政治的政策課…[続きを読む]

更新日:2013年7月11日

JR九州労組から執行委員に吉田祥司氏を選出

JR連合第22回定期大会が6月18・19日の両日、東京都内で開かれ「真に安全で、働く者が安心して働くことのできる鉄 道をつくる」「中長期的視点に立ち、JRが抱える政策課題解決をめざす」「民主化闘争中間総括を踏まえ、JR労…[続きを読む]

更新日:2013年6月19日

福田副委員長が高速道路料金問題について見解を求める

2013年度の交通運輸産業に係わる政策・制度要求について議論する、九州交運労協の第10回交通運輸政策研究集会が6月13・14日の両日、大分県日田市の「みくまホテル」で開かれ、九州各地から98名が出席(JR連合13名、内J…[続きを読む]

更新日:2013年6月14日

地本書記長が組織運営等をアドバイス

5月18日、JR東海ユニオンの第2回書記長スクールが熊本市で開かれ、その中でJR九州労組書記長との意見交換会が行われた。 この日は、JR東海ユニオンから松尾委員長をはじめ、東京・病院両総支部を除く各地本・総支部の書記長ら…[続きを読む]

更新日:2013年5月18日

JR九州労組議員団に新たな議員が誕生

任期満了に伴う湧水町議会議員選挙は、4月14日に投開票され、吉松地区分会(吉松運輸センター)所属で、組織内公認候補の橋元義嗣氏(無新)が初当選を果たし、JR九州労組議員団に新たな議員が誕生した。 選挙戦は、定数12に対し…[続きを読む]

更新日:2013年4月15日

1 16 17 18 19 20