ニュース
=九州地協が単組間スポーツ交流=  

   九州地協はこれまでも、スポーツを通じて単組間の交流を行いながら、組織の強化や団結をはかる取り組みを行っており、今年で16回目を迎える。今年のスポーツ交流は、各地で大きな爪痕を残した「熊本地震」で被災された…[続きを読む]

更新日:2016年6月4日

=航空連合と安全交流会= 陸と空の『安全』を守る

 JR九州労組とJR連合福岡県協議会(福岡県協)は5月30日、航空業界で働く方々の労働組合で組織する『航空連合』と「2016年安全交流会」を行い、航空業界の安全に対する取り組み等を学んだ。  安全交流会には、JR九州労組…[続きを読む]

更新日:2016年5月31日

 中央本部は、4月14日から連続して発生している「平成28年(2016年)熊本地震」に対し、4月18日に許斐中央執行委員長を「災害対策本部長」とする災害対策本部を設置した。今後、組合員や家族の安全確保と生活支援を行うとと…[続きを読む]

更新日:2016年4月18日

=九州交運労協が春闘決起集会=

   九州地方交通運輸産業労働組合協議会(九州交運労協)と、九州7県の交運労協は3月7日、福岡市中央区の須崎公園で「2016春季生活闘争勝利3・7決起集会」を開き、社会に必要不可欠な交通運輸産業に相応しい賃金水準の確立な…[続きを読む]

更新日:2016年3月7日

月例賃金の引き上げや総合生活改善に総力を挙げる

  JR連合九州地方協議会(JR連合九州地協)は2月27日、福岡市で「2016春季生活闘争勝利総決起集会」を開き、組合員・家族が総がかりとなった春闘を創り上げ、春闘勝利・中間地方選挙勝利にむけて取り組みを強化していくこと…[続きを読む]

更新日:2016年2月27日

= 46会場 133箇所で開催 =

 JR九州労組は、2月8日から北九州地区を皮切りに、本部第二次総対話集会をスタートさせた。  第二次総対話集会では、主に2016春季生活闘争の取り組みをはじめ、組織強化・拡大の取り組み、政策課題実現にむけた取組み、職場の…[続きを読む]

更新日:2016年2月9日

コラージュスクラップ作りにも挑戦

 本部は2月6日、福岡市で「2015年度教宣実践講座」を開き、各地本、支部、分会から教育・宣伝担当者22名が参加、新聞制作等の基本を学んだ。    講座は2部構成で行われ、第1部では、宮路 教育・広報部長が「新…[続きを読む]

更新日:2016年2月6日

最優秀賞に立川 大地さん(鹿児島地本)

  JR九州労組は2016春闘を組合員・家族総がかりの闘いを推し進め、春闘勝利にむけた取り組みを展開するため、組合員を対象に春闘スローガンを募集。2月5日に開いた「第28回定期中央委員会」で、寄せられた242作品の中から…[続きを読む]

更新日:2016年2月6日

夏季手当3.0ヶ月分も要求へ =第28回定期中央委員会=

 JR九州労組は、2月5日、福岡市で「第28回定期中央委員会」を開催し、安全の確立、組織の強化・拡大、2016春季生活闘争勝利、参議院選挙勝利にむけた取り組みを柱とした、当面する活動方針を決定した。      …[続きを読む]

更新日:2016年2月5日

全国比例は「かわい たかのり」氏の推薦決定

   JR九州労組は、1月22日の第11回中央執行委員会において、2016年夏に施行される参議院議員選挙に、民主党公認で福岡選挙区から出馬予定の「古賀ゆきひと」氏の推薦を決定し、古賀氏と政策協定を結んだ。  古賀氏は福岡…[続きを読む]

更新日:2016年1月29日

1 13 14 15 16 17 18 19 21