「人が成長してゆく組織」を目指し運動を展開していく
博多支部 第6回定期大会(2020年9月6日)

 中央本部博多支部は、9月6日、中央本部会議室にて第6回定期大会を開催した。本大会は、新型コロナウイルス感染症の影響により書面による決議とし、事前に議案書等の送付を行い、丁寧な意見集約に努めた上での開催とした。また、当日の大会出席者は議長、資格審査委員長兼議事運営委員長、選挙管理委員長および支部三役での開催となった。

 冒頭、石田執行委員長は、コロナ禍の中で業務に奮闘する組合員に敬意を示し、このような状況の中でも、運動を低下させることが無いようこれまで以上に支部結成の目的でもある「情報伝達のスピードアップ」と「次世代育成」を意識し「人が成長してゆく組織」を目指し運動を引続き展開していきたいと決意を述べた。

 議事では、議長に選出された北村代議員(博多工務連合分会)により代議員から提出された同意確認書が確認され、全議案の承認が確認された。「信頼・団結・前進」のスローガンのもと、代議員各位の真摯な討議を通じて、各分会と支部の強固な信頼関係と団結により、次世代への着実な前進をめざした2020年度運動方針を決定した。その後、転勤等の役員補充による新役員3名を含む14名で新たな執行体制を確立した。

更新日:2020年9月11日