やれることをしっかりと果たしながら、新たな時代に挑戦していこう!
佐賀支部定期大会

 中央本部佐賀支部は、8月24日に佐賀市「アパホテル」において「第5回定期大会」を開催した。森永執行委員長は、冒頭の挨拶において、JR九州が成長していくためには、「人財」への投資が必要不可欠であることを訴えるとともに、「安全の確立」「組織強化の取り組み」「労働条件向上の取り組み」「政策課題の解決に向けた取り組み」について触れ、九州新幹線西九州ルートの問題解決に向けて労使共通の課題として労働組合としてやれることをしっかりと果たしていくと提起した。その後、執行部から2018年度経過報告、2019年度運動方針(案)等が提起され、代議員の満場一致で承認された。

 また、今大会では役員が改選され、副委員長2名体制となり、盤石な新執行部が誕生した事を会場全体の拍手で確認し、春野書記長から、「信頼・団結・前進」のスローガンの下に佐賀支部も新たな時代に挑戦していこうとの提起があり、最後に森永委員長による団結ガンバローで閉会した。今大会で確立された新体制については以下のとおり。

 

【中央本部佐賀支部 新役員】

執行委員長 森永 克章

執行副委員長 田中 幸司

執行副委員長 濱﨑 史彦

書記長 春野 裕也

執行委員 須納瀬 智昭

執行委員 稲富 将樹

執行委員 千北 一馬

執行委員 中原 龍世

会計監査員 福田 博嗣

会計監査員 山下 翔

更新日:2019年9月4日