長崎地方本部 第26回定期地方委員会
地本委員会、3

 長崎地方本部は3月2日、長崎市「交通会館」において第26回定期地方委員会を開催した。

 久木﨑委員長は「2019春闘勝利に向け署名活動などに積極的に参加し、組合員の力で本部を後押ししよう」「来たる統一地方選挙や参議院選挙勝利に向け、無関心にならず、組合員・家族で協力して取り組もう」とあいさつした。

 中央本部を代表して出席した中原中央執行委員長は「安全の確立、2019春闘勝利、統一地方選挙・参議院議員選挙、自然災害に対する取組み、組織強化・拡大の取り組み」について、中央本部の考えを述べた。

 質疑では6名の委員から発言があり「長崎駅高架後の対応」「地域社員の賃金改善」「時短勤務箇所の拡大」「花粉症対策に対する補助」「モニター制度の調査及び条件緩和」「昨年のダイヤ改正で減った列車本数の見直し」等、現場目線からの課題提起により、活発に意見交換が行われた。

 その後、担当部答弁及び佐田書記長による集約答弁を受け、全議案が採択された。

 長崎地方本部は、本委員会での意見を真摯に受け止め、当面する活動に全組合員が一体となって取り組むこととする。

更新日:2019年3月4日