職員の効績章を大会構成員全員で祝う
IMG_2767

 8月25日、長崎市「ホテルセントヒル長崎」において、長崎地方本部第27回定期大会が、永渕弘樹代議員(長崎乗務センター)、竹下雄貴代議員(早岐駅)を議長団に選出し開催された。

 長崎地方本部を代表して、関山執行副委員長が久木﨑執行委員長からのメッセージ「北部九州豪雨の復旧に対するお礼と今後の課題」「民主化闘争・組織課題」「労働時間管理・36協定」「職場からの安全確立」「政治的政策課題・統一地方選挙」を代読し挨拶とした。

 来賓には、連合長崎髙藤事務局長、西岡秀子衆議院議員のほか、地方議員・共闘団体等15名の皆様に出席して頂き、連帯と激励の挨拶を頂いた。

 長崎乗務センター分会の優秀分会表彰式後、執行部より2017年度の活動報告、2018年度の活動方針(案)等の提起が行われ、12名の代議員から「分会の組織構成」「筑豊支部での国労への脱退の経緯」「出勤予備の無人駅案内」「スゴカカードの在庫管理」「適正要員の考え方」「ダイヤ改正実施後の課題」「ICカードエリアの拡大」「制服・安全靴の課題」「職務手当新設」「酷暑期対応」「地域社員の職務乗車証・住宅援助金」等の課題が提言された。質疑・応答は、3回にわたり中間答弁を行うとともに、答弁に対する再質問を行うなど、代議員と執行部との意思疎通が図られた。

 また、今年度より新設された効績章表彰では、組合員の良き相談相手として業務やプライベートに尽力されてきた中村職員が受賞。大会構成員全員で、中村職員の功績を祝った。

 最後に、来年長崎地本を準備地本として開催される「第28回定期大会」を、全組合員が一致協力して取り組むことを確認し、松浦執行副委員長の団結ガンバローで閉会した。

更新日:2018年8月31日