連合福岡
とりDSC_0093

 連合福岡は、2017春季生活闘争の先行回答ゾーンに指定されている3月15日の春闘最大のヤマ場を控えた12日、福岡市「天神中央公園」で春闘勝利・総決起集会を開き、連合福岡の構成組織から約2,600名が参加、JR九州労組からも組合員・家族含め約130名が参加した。
主催者を代表して、連合福岡髙島善信会長の挨拶を受けた後、すべての働く者の賃金の「底上げ・底支え」「格差是正」を実現し「経済の自律的成長」「包括的な社会の構築」「ディーセントワークの実現」をはかるため、総力を結集し最後の最後まで闘うことを決議した。
 その後、参加者は街頭で「底上げ春闘でデフレか脱却するぞ」「長時間労働を撲滅するぞ」「すべての働く者の処遇を改善するぞ」とシュプレヒコールを上げ、デモ行進を行った。
 JR九州労組は、3月16日のヤマ場にむけ、全組合員・家族総がかりで最後までベア獲得にむけ、交渉を強化していく。

更新日:2017年3月14日