= 46会場 133箇所で開催 =
image

 JR九州労組は、2月8日から北九州地区を皮切りに、本部第二次総対話集会をスタートさせた。

 第二次総対話集会では、主に2016春季生活闘争の取り組みをはじめ、組織強化・拡大の取り組み、政策課題実現にむけた取組み、職場の働き方改善にむけた取り組みなど、本部から提起を行うほか、職場での身近な問題等、組合員の意見や要望を聴き、改善につなげていく取り組みも行う。

 

 総対話集会は、3月9日までの1か月間にわたり、九州各地において46会場133箇所で行うこととしており、多くの組合員のみなさんの参加を要請する。開催場所、時間等の問い合わせは、各地本・支部まで。

更新日:2016年2月9日