熊本地本が上位を独占
20130216

本部は「第11回ボウリング大会」を2月16日、鹿児島市のT-MAXBOWLで行い、各地本から46人が出場した。

大会は、3ゲームの総得点で順位を決定する個人戦で行われ、熱戦の結果、トータル671(202・223・246)の驚異的な得点を叩き出した園田文博さ ん(熊本地本)が優勝、2位には長野朋納さん(熊本地本)、3位には坂口裕之さん(熊本地本)がそれぞれ入り、1~3位を熊本地本が独占した。

優勝した園田さんは「悲願であった優勝を果たせて本当に嬉しい。レーンコンディションの変化にうまく対応することができた」と話していた。
(結果はサークルニュースNo.34に掲載)

更新日:2013年2月16日